ここでは売れるメニューブック作成のノウハウを無料で公開いたします。

ノウハウを活用した飲食店様だけのメニューを「簡単作成らくらく飲食店メニュー」で作成して頂き 、売り上げアップに是非お役立て下さい。

メニューの種類と活用方法

メニューの種類と活用方法 いろいろな種類のメニューがありますが、どれかが優れているということはありません。それぞれのメニューの役割や目的をしっかり認識して、お店に合ったメニュー構成を考えましょう。

目的に応じてしっかりと活用することが、売上げアップへとつながります。

■ グランドメニュー

全部のメニューが記載されているメニューのことです。

一般的に「メニュー」といえば、「グランドメニュー」のことになります。
目的に応じてしっかりと活用することが、売上げアップへとつながります。

●お店のアピールポイントを明確にする

初めて来られたお客様は「この店は何がおいしいのか」「何を頼めば良いか」を、悩みながらメニューを見られます。

この場合、たくさんあるメニューの中でどれを一番食べてほしいか…お店側からのアピールが明確であることが大切です。目玉商品やおすすめ商品は何なのか?…選ぶための適切な情報を提供し、しっかり判断できて注文できるようにしましょう。

しっかり選んで注文していただくことが料理への期待につながり、出てきた料理がおいしかったならば、よりご満足していただけるはずです。

  • 目玉商品やおすすめ商品は何なのか?…お店の個性や特性をアピールする。
  • 目玉商品やおすすめ商品を前の方に配置する=目立たせる。

●飽きのこないリズム感のあるメニュー作り

メニュー構成が単調になると、最後の方のページは読み飛ばされる可能性が大きくなります。一通り隅々までお客様に見ていただき、どこに何があるかをスムーズに認知していただくためには、目玉商品の置き方、強調枠囲み、文字色や写真の彩色配置、文字や写真の大きさ等を考えて配置し、リズム感のあるメニュー作りが大切です。

  • 選びやすい内容で、お客様のオーダー時のストレスをなくす。
  • 変化のあるデザイン構成で、メニューを見る楽しさを演出する。

■ 替えメニュー・アピールメニュー

本日のお勧め料理や日替わり・週替わりメニューやランチメニューなど、頻繁に内容が変わるメニューが「替えメニュー」、特にアピールしたいメニューを取り出して作られたものが「アピールメニュー」です。

共に、お客様の注文動機に直結するメニューと考えられています。
写真を大きく入れたり、目を引くデザインやイメージを伝えるキャッチコピーなど、インパクトを持たせ、思わず注文したくなるような内容にしましょう。

●鮮度が大切「替えメニュー」

「今日のランチは何だろう」…日替わりで変わるランチメニューだから楽しみ、
「今日のおすすめメニューは何だろう」…旬野菜や魚介類等の新鮮素材に期待を寄せる、
「替えメニュー」は、文字通り内容が日替わり、週替わりで変わるからお客様にアピールできるメニューですから、鮮度が大切です。

グランドメニューとは別にすることで、メニュー内容を大胆にアピールできます。
例えば、仕入れた食材の旬や新鮮さを十分にアピールするために、素材の写真や産地の紹介等を大きく扱ったり、内容に応じたオリジナルなメニュー作りができます。

また、ランチメニューの場合、ランチメニューのみをお客様に渡すことでメニュー数を限定し、選ぶ時間の短縮や回転率等を上げる方法もあります。

  • 素材もメニューも新鮮!しっかりとアピールしよう。
  • 状況でオーダー調節ができるから、上手に活用すればロスを解消できる。

●お店の個性を表現「アピールメニュー」

グランドメニューの中から、お店の個性を際立たせるメニューだけを選んで別メニューにしたものが「アピールメニュー」です。

例えば、北海道からの産地直送をお店の売りにしていたら、産地直送商品だけをまとめてメニューにします。北海道の地図を入れたり、商品の説明コピーを大きく入れたり、イメージをストレートに表現する大胆なデザインのメニュー作りが可能です。

「アピールメニュー」は注文動機に直接訴えかけることができますが、それだけでなく、「北海道の産直メニューが豊富な店」というように、お店のイメージを強く訴求する効果もあります。

  • アピール力のある、メニュー内容と品揃えで勝負。
  • お店の訴求力を高めるために、わかりやすいメニュー構成にするのがポイント。

■ サブメニュー

お酒やドリンク、デザートなどの追加注文が主となる商品のメニューです。
リピート性の高い商品の掲載が主と考えられているため、いつでもすぐに注文ができるようにメニュースタンドや貼紙POPでのアピールも効果的です。

●追加注文を獲得するために

例えば、ハンバーグセットを初回オーダー時に注文した場合、追加オーダー時にもう一度ハンバーグを頼むことはありません。

サブメニューは、リピート性の高い商品あるいは初回注文後の追加オーダー商品を、お客様を煩わせることなく、気軽にご注文いただくことが目的で作られます。

しかし、できることなら追加の品についても、注文動機を促す工夫をしたいものです。
+αの追加情報として、キャッチコピー等を入れることで、お客様の注文動機を高め、追加注文を獲得します。

  • ドリンクのようなリピート性の高い商品は、必ずサブメニューを作る。
  • 追加で頼みたくなるキャッチを入れて、注文動機を促す。

●効果的なキャッチコピー

アルコール類を中心としたドリンクメニューは、種類によって若干変わりますが、歴史や様々な実績、著名人を盛り込んだコピーが効果的です。例えば「コンテストの表彰歴」「酒好き店長の感想」「蔵の歴史性」「○○テレビで取り上げられた」「有名人が愛飲している」など、銘柄に対する信頼提供と興味喚起がポイントになります。

デザートメニューは、「旬の季節の表現」「生産地域・生産者の表現」「ブランド果物などの表現」「限定などの希少性の表現」など、素材の素晴らしさや、こちらも話題性からくる興味喚起がポイントになります。

  • ドリンクメニューは、歴史や様々な実績、著名人を盛り込んだコピーが効果的。
  • デザートメニューは、話題性と素材の素晴らしさをアピールポイントに。

PCソフトウェア 簡単らくらく需要予測One

簡単らくらく需要予測Oneは統計解析、時系列解析、人工知能AIの専門家がいないと利用することが難しかった需要予測計算を、中小企業や個人の方でも簡単に安く 最先端のアルゴリズムを活用できるようにサポートするソフトウェアです。

例えば過去の売上や仕入の実績値を元に、ディープラーニング・時系列解析・統計学的手法から未来を予測し、過去の実績と予測との差異を分析し、最適な需要予測手法から予測値を提案します。 また、計算された予測値に対して、天気予報やイベント情報を入力することで、従来の職人のカンを考慮した予測値を算出することも可能です。