メニューの種類と活用法
メニューデザインのポイント
メニューブックの選び方
客を呼ぶメニュー作り
料理写真の撮影方法
画像編集ソフトの活用法

  簡単作成らくらく飲食店メニュー Vol.1
  商売繁盛応援団
 
  素敵なメニュー屋
  集英産業株式会社
プレゼント























































































































































  商売繁盛応援団
Useful Information

  ここでは売れるメニューブック作成のノウハウを無料で公開いたします。
ノウハウを活用した飲食店様だけのメニューを「簡単作成らくらく飲食店メニューVol.1」で作成して頂き 、売り上げアップに是非お役立て下さい。
 

メニューの種類と活用方法
  いろいろな種類のメニューがありますが、どれかが優れているということはありません。
それぞれのメニューの役割や目的をしっかり認識して、お店に合ったメニュー構成を考えましょう。
目的に応じてしっかりと活用することが、売上げアップへとつながります。
 

  ■ グランドメニュー  
  いろいろな種類のメニューがありますが、どれかが優れているということはありません。
それぞれのメニューの役割や目的をしっかり認識して、お店に合ったメニュー構成を考えましょう。
目的に応じてしっかりと活用することが、売上げアップへとつながります。
 
   

  ■ 替えメニュー・アピールメニュー  
  本日のお勧め料理や日替わり・週替わりメニューやランチメニューなど、頻繁に内容が変わるメニューが「替えメニュー」、特にアピールしたいメニューを取り出して作られたものが「アピールメニュー」です。
共に、お客様の注文動機に直結するメニューと考えられています。
写真を大きく入れたり、目を引くデザインやイメージを伝えるキャッチv コピーなど、インパクトを持たせ、思わず注文したくなるような内容にしましょう。
 
   

  ■ サブメニュー  
  お酒やドリンク、デザートなどの追加注文が主となる商品のメニューです。
リピート性の高い商品の掲載が主と考えられているため、いつでもすぐに注文ができるようにメニュースタンドや貼紙POPでのアピールも効果的です。
 
   

メニューデザインのポイント
  デザインというと「カッコイイ」とか「お洒落」といった言葉を連想しがちですが、ただきれいなデザインでは効果が期待できません。
ポイントをしっかり押さえて、売れるメニューを作りましょう。
 

  ■ 視線の流れを知る  
  メニューの配置場所で、お客様が食べたいと感じるか感じないかに大きな差が出ます。視線の流れを知り、目玉商品を一番目につく位置に配置することがポイントになります。
また、価格が高いものから安いものへと視線が流れる方が、安いものから高いものに流れるよりも購買意欲が落ちません。目玉商品に価格差がある場合は、高い方を前に持ってくるようにしましょう。
 
   

  ■ アイキャッチ効果  
  視線の流れを考えて配置をしても、同じようにメニューを並べるだけでは注文動機を促すには効果が低いといえます。視線を集めると同時に「興味をもつ」「食べたくなる」「注文したくなる」等、注文動機を高めるには、他のメニューとの差別化を図るための工夫…アイキャッチ効果の高いデザイン…が必要です。変化のあるデザイン構成は、メニューを見る楽しさを演出する効果も発揮します。
 
   

  ■ キャッチコピーの威力  
  メニュー品目を掲載するだけでなく、キャッチコピーを入れましょう。効果的なキャッチコピーは、是非食べてみたいという注文動機を喚起させます。
目玉商品の説明やこだわりや思い、旬など、「食べてみたい」と思わせるコピーでお客様を上手に誘導しましょう。
 
   

  ■ 写真が持つ大きな役割  
  品目の配置や見せ方、キャッチコピー等も大切な要素ではありますが、写真を上手に使用することが、必要不可欠といっても過言ではありません。
文字のメニューは文字を読んで頭で理解して初めて認識しますが、写真は視覚的にアピールできるので、食欲を直接刺激することができます。
また写真は、アイキャッチに用いてデザインにメリハリを付けたり、1点だけ入れて注文を集中させたりと、いろいろな目的で活用できます。
 
   

メニューブックの選び方
  メニューブックは様々な形・色・素材のものがあります。
飲食店様の業態に合わせて適切なメニューブックを選択することで、お客様に注文していただきやすいv環境を提供しましょう。
また、楽天市場「素敵なメニュー屋」では、様々な種類のメニューブックを販売しておりますので、是非一度覗いてみてください。
 

  ■ 色について  
  メニューブックの色は、基本的にお店の雰囲気や料理の種類に合うように選択します。
食事の店では、青や無彩色などの寒色系の色は避け、赤や茶系などの暖色系、緑などの中間色を選ぶことをお薦めします。
 
   

  ■ 大きさについて  
  メニューブックの大きさは、店の広さやメニューの数、また、来ていただくお客様のタイプを考慮し、作りたいメニューを想定して選択しましょう。
 
   

  ■ 形について  
  メニューブックの形は、ページを増やせる一般的な見開きタイプの他に、1枚タイプ、3ツ折タイプ、4ツ折タイプ等があります。最近では、見開き面が広くて訴求力のある3ツ折タイプのメニューが増えてきています。
 
   

  ■ 種類(素材)・留め具について  
  店のインテリアやイメージに合わせて選べるように、様々な素材のメニューブックが揃っています。また、表紙も透明になっていてオリジナリティを表現できるテーピングメニューも人気があります。
 
   

客を呼ぶメニュー作り
  季節の旬素材や歳時・イベントを積極的に生かしたメニューを作りましょう。
お客様は季節感や新しいものに敏感です。この季節にはこれを食べたい・飲みたい、この店でしか食べられない・飲めないというメニューを作ることで、この店に来れば旬のものや新しい料理が食べられるということを印象付けることができます。
また、クリスマスやサマーフェア、忘年会等、歳時・イベントを利用したメニュー展開、お店独自のオリジナルメニューで、集客を図る方法も効果的です。
 

  ■ 新しさを感じさせる旬素材  
  季節や話題の旬素材を使ったメニューを作りましょう。今しか食べられない・飲めないというメニューは話題を生み、お店の個性づくりにもなります。
 
   

  ■ 歳時・イベントの利用  
  歳時やイベントを上手に利用してメニューを作りましょう。いつも楽しいイベントを開催しているイメージ演出でファンの獲得を目指します。
 
   

  ■ お店独自のオリジナルメニュー  
  料理長のお薦めメニューや名物メニュー等のオリジナル料理、また、お客様のメモリアルイベントを演出したり、お店ならではのユニークなメニューや企画で集客を図りましょう。
 
   

  ■ 歳時・イベントカレンダー(資料編)  
  お酒関連の季節イベントカレンダーや季節の旬素材カレンダー、イベントに使えそうな記念日カレンダーなどを紹介します。
 
   

料理写真の撮影方法
  料理写真は、メニューを作る上で大きなポイントになるモチーフです。
視覚的なアピールが効果的に行えるような料理写真を用意できるように、撮影素材のおいしそうな見せ方と料理写真の撮り方をアドバイスします。
頑張っておいしさを訴求できる料理写真を撮影してください。
 

  ■ 素材をおいしそうに見せる方法  
  写真を撮る前にちょっとひと工夫。おいしそうな料理をもっとおいしそうに見せるためのテクニックを紹介します。
 
   

  ■ 料理写真の撮影方法  
  構図の決め方やトリミング、ライティングのノウハウなど、素人でもできる料理写真撮影のための基礎知識を紹介します。

 
   

画像編集ソフトの活用法
  プロのカメラマンではないのですから、いくら上手に撮影したつもりでも、思い通りに撮影できなかったり、イメージと違ったりするものです。
こんな時に、画像編集できれば大変便利です。ここでは代表的なソフトと、簡単にできる便利な機能を紹介します。
 
   



簡単作成らくらく飲食店メニューVol.1 無料ダウンロード
飲食店様のオリジナルメニューが、簡単・手軽に作成できるパソコンソフト、イラストなどの素材やサンプルファイルが、ユーザー登録された方なら無料でダウンロードできます。

楽天市場「素敵なメニュー屋」・Yahoo!ショッピング「素敵なメニュー屋」では、メニューブックやメニュー立て等、飲食店のメニューツールをトータルで販売しています。

グランドメニューブック・サブメニューブック・メニュースタンド・メニュー制作ソフト・インクジェット光沢紙…お客を呼ぶ実践的なメニューづくりを想定したメニューセットです。